『学校は絶対に休んではいけない』

メンタル克服

…と、緘黙症である僕は思い込んでいました

ぷょちゃん
ぷょちゃん

思い込みかよ!!

この思い込みのせいで、僕は無駄に辛い思いをしました

皆さんが、僕のように間違った思い込みのせいで苦労しないように…

『僕の間違った思い込み』をお伝えします!!!

ぷょちゃん
ぷょちゃん

さて、ここまでに何回『思い込み』と言ったでしょう

僕の間違った思い込み一覧

  1. 学校は絶対に休んではいけない
  2. 緘黙症を治すには、話せるようにならないといけない
  3. 無茶ぶりされたら、必ず応えないといけない
  4. 話すのが苦手な自分を、周りの人は理解してくれている
  5. 医者なら当然、緘黙症について詳しく知っている

学校は休んでいいし、話せるようにならなくても大丈夫だし、医者は緘黙症のことなんて全然知りません!!!

ぷょちゃん
ぷょちゃん

ホントかよ…

①『学校は絶対に休んではいけない』

緘黙症の僕に、そもそも『学校を休む』という発想はありませんでした

しかし、そのせいで『一生に残る、嫌な思い出』ができ、それが過食・自傷・依存にも繋がりました

どうしても辛いときは、勇気を出して休んだ方が良いと思います!!

詳しくはこちらの記事にまとめたので、見てみてください

ぷょちゃん
ぷょちゃん

見てみてー

②『緘黙症を治すには、話せるようにならないといけない』

僕は『無理に話そうとしない』ことで、症状が軽くなりました

『話せるようにならなきゃ!!』と焦り過ぎても、あまり良い事はありません

詳しくはこちらを見てみてください

ぷょちゃん
ぷょちゃん

見てみてー(2回目)

③『無茶ぶりされたら、必ず応えないといけない』

僕は無茶ぶりされると、毎回焦って「えーと、えーとっ…汗」となってました

当然、場はしらけます

それなら「いや、無理!!」ってハッキリ態度に示した方が、その場の雰囲気はいいんですよね

いいというか、マシ。

「しょうがないなぁ…じゃあ俺が代わりに!」とフォローしてくれる優しい人も、たまにいますし…

とにかく、中途半端が一番ダメです

中途半端だと、周りの人もフォローしにくいです

一部の人には「ノリ悪いなー」と思われるかも知れません

でも大多数の人は「かわいそうに…」くらいにしか、思わないはずです

ちなみに、僕が考えたオリジナルの飲み会テクニックはこちら!

ぷょちゃん
ぷょちゃん

見てみてー(3回目)

④『話すのが苦手な自分を、周りの人は理解してくれている』

緘黙症の僕は、いわゆる『普通の人』と違います

例えば、職場でお笑い番組を見ているとき

頭の中では「面白い」と思っているけど、当然、職場なので笑えません

そのとき、先輩に「え?普段、家でテレビ見てても笑わないの?」と聞かれました

「いや、笑うに決まってるでしょ!感情あるわ!むしろお笑い大好きだわ!」

と僕は思いました

でも、それって普通の人にはわからない感覚なんですよね

当たり前だけど。

「家だとよく笑うけど、職場にいるときは上手く笑えないんですよ~」

…とでも言わない限り、普通の人には伝わりません

  • 普段から笑わない人
  • 先輩に反抗的な、怖い人
  • 話すのが嫌いな人

そう思われていることが、多々あります

『話すのが苦手な自分を、周りの人は理解してくれている』

そんな考えは、思い込みに過ぎませんでした

ぷょちゃん
ぷょちゃん

見てみてー(4回目)…ってあれ?記事ないのかよ

⑤『医者なら当然、緘黙症について詳しく知っている』

僕は病院に行ったことがないのでわかりませんが…

まだまだ緘黙症は、世間的に認知されていない疾患です

ネット上での情報によると…

  • 「そんなのただの甘えだよ!」と医者に言われた
  • うつ病と誤診された
  • 『家では話せているから、問題ない』と判断された
  • 『大人になったら自然に治るから、問題ない』と判断された
  • 「気にし過ぎない方が良いよ」と言われた

怖いですね…

精神的にどうしようも無くて、弱って、助けを求めて行ったのに

こういう対応をされてしまうと、心が折れてしまいそうです…

ぷょちゃん
ぷょちゃん

ブロークンハート

まとめ

僕の思い込みを参考に、いつか輝く毎日を夢見て頑張ってください

ぷょちゃん
ぷょちゃん

かっこよく締めようとして失敗してる

緘黙症あるある
ぷょちゃん
ぷょちゃん

ここまで読んでくれてありがとう!!!

ぷょちゃん
ぷょちゃん

Youtubeもやってるので、良かったら見てみてー

コメント

タイトルとURLをコピーしました